保湿こむ

秋冬の乾燥シーズン!赤ちゃんのカサカサ肌、どう対処する?

秋から冬にかけて、空気がとても乾燥しますよね。

そうなると自然と肌のバリア機能も低下します。

 

それでも赤ちゃんの肌はすべすべしているし、乾燥なんて無縁なはず!
そう思っていませんか。

 

 

意外と赤ちゃんは乾燥しやすいのです。

 

赤ちゃんの肌を守るためにも、きちんとスキンケアをしてあげたいですよね。

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんの肌といえば、ぷるぷるして潤っているイメージはありませんか。

 

でも実は、ママより乾燥肌の持ち主なのです。

 

 

 

 

【3ヶ月以上の赤ちゃんの肌】

 

皮脂量:大人の2分の1以下

 

角質の水分量:大人の3分の2

 

 

 

このように、肌も十分に発達してない赤ちゃん。

 

バリア機能が弱いために水分が蒸発しがちです。

 

やがて肌が乾燥して敏感になり、外からの刺激を受けやすくなります。

 

 

早い時期からしっかりケアして、
カサカサ肌にならないように気をつけてあげましょう。

 

 

【ケア方法】

・大人以上に少ない皮脂を油分を与える

 

・角質の水分量を十分に保つように心かける

 

 

 

 

 

赤ちゃんは産まれる前にどこにいましたか?

 

それは無菌に保たれた子宮の中です。

 

低温&低圧で暗いけれど、外からの刺激や摩擦からも
守られている、とても安全な世界にいました。

 

 

 

 

赤ちゃんは肌を守る仕組みが不十分で、

 

免疫システムやメラニンなどの刺激を受けやすくなっています。

 

そして赤ちゃんの皮膚の薄さは大人の約2分の1です。

 

その上、体重に対し、皮膚の面積の割合が大人の約5倍です。

 

外部刺激がたとえ一部だとしても、全身に影響を及ぼすことになるかもしれません。

 

 

 

そう考えると、赤ちゃんがデリケートな肌の持ち主なのは納得ですよね。

 

乾燥しやすい赤ちゃんの肌は、刺激の少ないスキンケアで保湿してあげましょう。

 

 

できるだけ肌にやさしいスキンケア製品を選んであげたいですね。